PRシリーズのトラブルQ&A その3 「枠種センサーエラー」

  2014/04/19    PRシリーズ, sinya, ブログ, 修理

こんにちは、PRシリーズ担当のしんやです。

PR600/PR620/PR650e/PR655/PR1000eをお使いの皆さま、よくあるトラブルと対処法の第3回です。

PRシリーズを既にお使いの皆さまは、もうすっかり刺繍機にも慣れていると思います。
でも初めての時は結構ドキドキしたんじゃないですか?

例えば今度入った新人のパートさん、刺繍どころかミシンにも触った事がありません。
そんな新人さんでも、少しのレクチャーで安心してお仕事が出来る様に、PRシリーズにはいろんな安全装置が付いています。
もちろんベテランさんのうっかりミスも防いでくれます。
うーーん、親切設計!

さてそんな安全装置の一つが働き、画面にこんな表示が出ました。
枠種センサーエラー1
「枠種センサーエラー」です。
本来取り付けた枠からはみ出さない様に見張ってくれる便利なセンサー。
ところが取り付けた枠に収まる模様のはずなのに、もっと大きな!もっと大きな枠に変えやがれ!!
と言って来ます。
もー、よくばりさんなんだから~

ココが枠種センサーです

DSC_0237

取り付ける枠の大きさによってこのセンサーの高さが変わり、今付いている枠の大きさを感知してます。

DSC_0239

問題は青丸で囲んだネジ。センサーのすぐ近く。

DSC_0242-2

このネジの締め具合が緩いと、より小さい枠が付いていると判断されます。
なのでココは特にしっかり締めましょう!
あとはやっぱりホコリのせいで動きが鈍くなりますので、お掃除ですね。

これで殆ど解決すると思います。
あら、コリャまたなんて単純な(笑)

もしそれでもダメな場合は、センサーレバー取付位置の調整か、センサーの再設定が必要かも。
かんたんな修理ですので、ご相談くださいませ。

じゃあまあた!


 

 

PAGE
TOP