刺しゅうプロNextでロゴ作り

  2013/03/04    PRシリーズ, sinya, ブログ

こんにちは、PR650e/PR1000e担当のしんやです。

 

とっても便利なのにびっくりプライスのブラザーの刺しゅうデータ作成ソフト「刺しゅうプロNext」。

以前のブログで「デザインセンター」での刺しゅうデータの作り方を紹介しましたが・・・・
https://www.misinyasan.com/blog/1481.html

 

今回は「レイアウトセンター」を使ってワンピースのロゴを作ります!

細部が込み入ったロゴなので、一発変換の「オートパンチ」ではなく「マニュアルパンチ」や「線」「図形」「文字」などいろんなツールを使います。

 

ちょっと長くなりそうなので、先にトイレを済ませてからご覧下さい。

あと、ぱっと見同じような画像が延々と続きますが、貼り間違えた訳じゃありませんからね!

 

①まず「レイアウトセンター」に下絵となる画像を開きます。

 

 

この画像をなぞってデータを作るのですが、「デザインセンター」の時と違って手書きでトレースとかややこしい作業はやりません。

バシッ!と開くだけです。 う~ん、男らしい!

②次に上下にラインを引きます。

 

 

「ホーム」→「線」→「開いた直線」を選択。

 

端でクリック、反対の端までぴゃーっとドラッグで線が引けます。

その際Shiftキーを押しながらだとキッチリ水平とか垂直に線引き出来て超便利。

③「ONE PIECE」の文字を書きます。

刺しゅうプロNextには95種類の英字フォントが刺しゅうデータとして内蔵されているので、似たようなフォントがあればそれをベースに加工する方が楽ですが、
今回はその様なフォントが無いので原画をなぞって作ります。

 

まず「ONE」の「O」ですが、ふたつの円を組み合わせで再現します。

 

「ホーム」→「長方形/円/円弧」→「円/だ円」を選択、ドラッグすると円が描けます。

ここでも「Shift」キーを押しながらだと真円になって便利です。

 

 

上に重ねて円をもうひとつ。分かりやすい様に色を変えてあります。

内側の円は要らないから消したいですね。

消すには、円を二つとも選択して「編集」→「重なり削除」

 

 

ハイ、穴が開きましたー。内側の円は「Delete」で削除。

 

後は「ホーム」→「線」→「閉じた直線/曲線」で「NEP CE]をなぞりなぞり。

 

④原画は文字の色が水色から青に変わるグラデーションですので、マネします。

「縫い方設定」→「面の設定」→「グラデーション」にチェック→「パターン」→「ブレンディング」にチェック

で、じゃじゃーーーん。

 

 

うはっ、グラデーションになりました!カッコいいっす!!!!!

⑤どくろマーク描きます。まず四方の骨から。

「閉じた曲線」でちょいちょいとなぞってひとつ作ってから、

 

 

「レイアウト」→「ミラーコピー」→「四方」で4つコピーして適所に配置します。

 

 

そろそろ見るのも飽きてきた方が多いと思いますので、ココからはぶっ飛ばしていきます。

けっして書くのが面倒になったんじゃないんだからね!

 

顔と帽子を「円」と「だ円」の組み合わせや、「閉じた線」「開いた線」と使って描いていきます。

 

⑥ロープ描きます。

「マニュアルパンチ」で形を作ってポチポチしてから、

 

 

ロープらしく見える様に縫い方設定をいじります。

色々やってみましたが、たたみ縫いで偏差を8%くらいにするといい感じになります。

 

 

真ん中の人型と麦藁帽子のリボンを描いて、文字ツールで「ワンピース」、後はきれいに見える様に縫い順を変更いしたら、

 

 

できたーーーー!

 

縫う!!何故か2つ縫う!!だだだーーっと縫う!!

 

 

ドヤぁっっっっ!!!!!!!!!!!!!!

 

じゃあまた。


 

 

PAGE
TOP